ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

クラム

業界用語を勉強したいのですが



勉強するようなモンじゃないと、
思いますが。(笑)



ネットで検索しても、
中々出て来ませんね。
まだ、誰も手を付けていないのかも?



こちらのサイトにまとめてみました。
http://kuram.tv/02scenario/22word/gyo-yougo.htm

(2001.11.27)





「聞いたか坊主」たちと久々に遭遇!



応募原稿、拝見しました。
歌舞伎がお好きなのかしら?
【道成寺】とか【鳴神】




幕開きに坊主二人が登場しますね。

「聞いたか、聞いたか?」
「聞いたぞ、聞いたぞ!」

そう云いながら
狂言(物語)の前振り、
説明をします。




あの案内役を
「聞いたか坊主」
と呼びます。

シナリオ用語として定着しており、
諸先輩方の著作や
シナリオ教室の中でも
【禁じ手】にしている手法です。



でも、懸賞公募の応募作品の中で、
手を変え品を変え登場し、
良く拝見しました。

貴方の作品の中での
男女二人の会話、
あれが、
「聞いたか坊主」です。

台詞で二人の関係、
過去や思い
などを会話で説明していますね?




複雑な人間関係、背景、
互いの心の揺れ動き……など。

短いシーンや時間で説明するのは
困難だし、面倒ですよね。(笑)

なので、登場人物に喋らせる。
簡単だから。(笑)




でも、
安易だから、手抜きだから
ダメ、駄目、だめ
なんです。

「台詞で喋らず、情景で語れ」
ということです。




クラムHP/塾生専用/創作注意/
台詞/説明台詞

に、この件についての
参考、注意書きがあります。

また、
こちらの記述の中にあった
「聞いたか坊主」
を書き足して
独立したキーワードにしました。
そちらもご参照ください。



ところで、
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
も「聞いたか坊主」ですね。

活用次第だと思いますので、
塾長もクラムも、
シナリオの禁じ手と、
一概に否定はしていません。

(2003.04.12)

≪blog用注釈≫
本日現在
クラムHPの各頁は閉鎖中です。





シナリオは、どうやって勉強すれば良いのでしょうか?



「はしら」
「ト書き」
「セリフ」

の役割を覚えて

それを深めたり

簡潔に表現する術や

経験を積んでいく
のが良いのではないでしょうか?




また、
ドラマを生み出す上で、

人間観察

なども大切ですね。




菊島隆三先生から伺った話ですが、

黒澤明監督は、
無名時代、
何もすることがなくて、




1日中、
山手線に乗っていたそうです。

向かい側に座り去る人々を観察し、
その生活などを想像しながら、

ご自身の引き出しを埋めていったのです。

(2004.10.13)





シナリオを創るという旅



皆さんは私塾『クラム』が主催する
『プロの脚本家を目指す旅』
ツアーに申し込みを済まされ、
集合場所の門の前に集まった。

先に来た人もいれば、
後から来る人もいます。
でもとりあえずは自分一人だけ。

まずは旅の行程や
用意する物を教えてくれるだろうと、
手ぶらで参加した人もいます。



門が大きく開いて、
中から添乗員らしい男が現れ、
自分は『塾長』だと名乗ります。

その男の向こうには、
だだっ広い荒野が広がっているだけ。
「なんだこれは?」
と思っていると、
添乗員だと思っていた男は、
「さあ、旅立ちましょう! 後はよろしく!」
と、一枚の略図を渡したきり、
ボーと立っている。

その略図を見ると、
東西南北も距離も表さない、
か細い1本の道が書いてあるだけ。

しかもその道すら、
目の前の荒野には見当たりません。



気付くと回りに仲間が増えている。
中には用意周到、水や食料も用意して、
旅のガイドを片手に、
「私、ドラマ島へ行きたいんですけど」
と言い出す。

と、男が、
「ああ、それならバスがあります。
今なら丁度次の便に間に合いますよ」
と、指差した先にバス停が現れ、
バスも待っている。

「それじゃ、行きましょうか」
男はさっさと何人かの参加者と
バスに乗り込み、行ってしまった。



「取り残されたの……」
と思っていると、
行ってしまった筈の男がまだ立っていて、
相変わらずボーとしている。

何を聞いていいのかも分からず、
「あのー、私、病弱なんですけど、
添乗員さんや皆さんに
ご迷惑をおかけするんじゃないかと
心配しています」
と言ってみる。

するとその男は、
「そうですか。
一応薬は色々用意してますし、
旅の途中に病院や診療所もありますよ」
と応える。

「やっぱり、
水とか食料とか、いりますよね?」

「そうですか。じゃあ、どうぞ」
男は簡単に出して与えてくれる。

「雨が降ったら、傘もいるだろうし、
ぬかるんでいる道だとこの靴じゃ無理ですよね」

男は傘も用意するし、
靴も用意して与えてくれます。

やがて門の下に立ち止まったまま、
そうやってドンドン荷物が増えて行きます。

それでも、やっぱり不安です。
何か忘れ物があるような気がして仕方がない。
このまま旅立つことへの不安がある。

男はただボーと傍らに立っているだけです。
何を訊ねて良いのかも分からなくなってきました。



でも、
男はそうやって見守りながら、こう考えています。

「この人は旅をしたいだけ。
旅の目的も目的地も定まらず、
夢に描いているのは蜃気楼。

ドラマ島もそうだが、
目指す場所に自分の居場所が
あるかも知れないし、ないかも知れない。

そして
皆、最後は自分がこの荒野の中に
新しい道を創り、
新しい都市を創る役目だということを忘れている」

(2001.05.10)






シナリオ指導の悩みや迷い



塾生の皆さんと
個々にメールのやり取りをしていると、
様々な悩みや迷い、
そこから来るご質問や
ご相談が重複する場合があります。




それは、
皆さん同じ立場で、
入り口も目的地も同じで
集まっているのですから当然だ
と理解納得して、
個々の対応も苦にはなりませんでした。




「迷う者は道を問わず」
私に問われることを嬉しく思いますし、

また
作家としては当たり前の
『成長の過程』と受け止め、

「悩むより書きましょう。
そうすれば目的地に辿り付ける」



急かすように
塾生の皆さんを追い立ててきました。

「君の前に道はない。
君の後に道が出来る」




一歩一歩着実に歩み続けて、
ふと立ち止まって振り返った時に、
「ああ、そうだったのか」
と後で気付けば
それで良いと考えてきました。




でも、
よくよく考えてみると、
ここに大きな過ち、
見落としがあることに気付きました。




プロの脚本家を目指しての旅立ちに、
これから踏み出そうとする塾生の皆さんは、
それぞれ対応も意気込みも違う筈です。


中には旅立ちの用意を
何もせずに参加している方もいらっしゃる。

それは、とても不安ですよね。




そこで私の体験談を語る
『思い出話』
を書き始めたのですが、
もう一つ
『例え話』のツリーを作ります。


私が塾生の皆さん、
後輩の皆さんへ伝えたいメッセージを
例え話で表そうとする試みです。




逆にその試みが上手く行かず、
私が皆さんにお伝えしたいその
『意図』や『思い』
がわかりにくくなるかも知れません。


それでも何かを
汲み取って頂ければ幸いです。

まずは『旅』です。

(2001.05.10)





QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル