ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

推薦映画

自然災害を背景にしたドラマは、公募で選ばれにくい、かも?



自然災害を扱うパニック系ドラマは、

予算潤沢な外国映画では
OK!でしょうが、

脚本懸賞公募の
応募作品で扱うのは、
NG!だと思います。



クラム塾を始める前、
公共放送の
脚本公募審査をお受けした中で、

それまでの審査通過作品
10数本の中から5本を選び、

先輩ライター
(審査担当脚本家5名)が、
各作品それぞれ担当して、

ブラッシュアップ!

して、最終選考に上げる、

そんな新たな審査のやり方、
試みの模索がありました。



その選別の審査会、
無記名投票のトップ票を得た作品、

それは、
撮影、ロケ地の殆どが、海外ロケ、
南米エクアドルで、になる、
作品でした。

この時から、
局側担当者から

猛烈、強力な、

この作品を受賞作にする、
ことに対する
反対意見が出始めました。

ダンテズ・ピーク」(1997年)

dape3

その主旨、
「そんな予算は、用意出来ない」

(2004.04.13)



        

ラブストーリーの中で【嘘つき】を描くことは?



結婚詐欺はダメですよ。(笑)

公募作品の審査の中で、
随分お目にかかった題材・素材です。


まるで、刑事ドラマでは
殺人が定番で
扱わなきゃドラマじゃない、
みたいに。(笑)

もちろん「殺人」にも
様々な殺害方法や
動機があるように、

結婚詐欺の扱いにも
様々な工夫が用意出来ますよね。



でも、
恋愛経験が乏しい、
中年に入りかけた孤独な女性が
若いイケメンに騙されて、みたいな話……、

男性の作品で多い
片思い、
失恋話と同じくらい多かったです。




恋愛に関わる【嘘】であれば、
「切ない嘘」
に取り組んでみては?

お薦め、参考になりそうな映画は、

あなたが寝てる間に…」(1995年)

s047210001a
かな?
ご覧になっていますか?

(2007.07.14)


        

人は魔が差して、人助けし、嘘をつく



前回、
「主人公は、嘘をつく気はなかった、
周囲が勝手に誤解した、
みたいな組み立て方もあるのでは?」

というアイデア提案をしましたが、
何か前例か、
作品があるのではないか?

みたいな引っ掛かりがあって、
チャンス」を思い出しました。



でも実は、
別の作品が引っ掛かっていました。(笑)


「ヒーロー 靴をなくした天使」(1993年)

o0400022211931852753

この映画、
不本意ながら、魔が差して
遭遇した飛行機事故現場で
多くの人を救助した主人公が
嘘をつくのではなく、

その証拠の品、シンデレラみたいに
現場に残された靴の

片方を貰ったホームレスが
嘘をついて
懸賞金目当てで
ヒーローに成り替わる話。




ダスティン・ホフマン演じる小悪党は、
事故に遭った乗客の財布を盗んでも、
嘘をつくという発想はないみたいです。

キャラクターをいじるのが難しいときは、
こういう対極で
「嘘をつく」ことを
ドラマとして描くことも出来ますね。

(2002.06.25)



        

「嘘つき」は、ドラマの主人公として魅力がない?



塾生の●●さんが、
「空想」癖のある主人公の話を書いています。

貴女が描いている
「嘘」と似通った点がありますね。



現状、どちらの主人公が魅力的かというと、
「空想癖」のある主人公のほうかな?

こちらは、ま、今は他愛なく、
人に害を及ぼす人物設定でも、
事件でもありません。

貴女が描いている「嘘」は、
ちょっと、強烈な毒(笑)がありますね。




キャラクターとして
「強烈な嘘つき」を描いても、
どうだろう、
視聴者からの共感が得られるだろうか?

うーん、
現状、毒ばかりで、反感を買うかも?



ちょっと見方を変えて、
創り直してみませんか?

例えば、
主人公は、嘘をつく気はなかった、
周囲が勝手に誤解した、
みたいな組み立て方もあるのでは?

(2002.05.24)

チャンス」(1979年)

bfddd61a


 

「空想」と「嘘」は、シナリオのテーマになりますか?



「人は、〇〇の時、嘘をつく」
或いは
「空想で逃げる」

みたいにすれば、
テーマ(主題)になるかも?



でも、取り組みやすいのは、
【素材】として扱うことでしょうね。

例えば
相手のことを思ってつく【嘘】
→どんな相手?
→どんな状況?




軽い気持ちでついた【嘘】
→思わぬ波紋、大騒動に?
→どうやって取り返す?


など、新たな物語や展開が、
色々浮かびませんか?

(2002.05.12)

ライフ・イズ・ビューティフル」(1999年)

3202c7aa2e075e1dc5c8af310751b4e6




QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル