ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

人物表

人物表のサンプルを見せていただけたら嬉しいのですが。



単発のドラマの場合、
人物表は、
それ程詳しく求められません。

クラムHP/塾生専用
【ターゲット】
【企画書】
の中にある
人物表で充分だと思います。



むしろ、
あらすじの中で
事件や物語に絡め、

その人物の過去や経歴、
心情などを表現する。

それに知恵を絞れば良いでしょう。




連ドラの場合は、

例えば複数の脚本家が担当するとか、
役者が長丁場で拘束されるなどから、
より詳しいものが求められます。

それについては、
塾生専用頁にサンプルを掲載しました。




また、今回のご要望は、
客人講座の課題から生まれましたが、

創作する上での人物表は、
本来あくまでも作者のメモで、
誰かに見せたり、
提出する必要はありません。

ですから、
形式などに拘わらなくても大丈夫です。




公募作品の中に

【人物相関図】

が添付されており、
拝見することがありますが、

それは前記理由で不可ですし、
公募違反です。




補足として、
再度申し上げますが、

台本内での
人物表現が基本
であることをお忘れなく。

相関図に頼って、
大事な各人物の
キャラクター説明
がないがしろになることも恐れます。

(2002.05.24)


<blog用、本日追記>
クラムHP
http://kuram.tv/
現在殆どのページ閉鎖中です。






人物表とキャラクター表は違うのですか?



「人物表」は、
懸賞公募作品や企画書に加える

「登場人物一覧表」

みたいな扱いをイメージしています。



「キャラクター表」は、

「創作メモ」

の一部で、




人に見せるために創るものではない、

そんな違いでしょうか。

(2008.03.07)





人物の年齢は人物表に書くだけで良いですか?



通常は
シナリオの中の
その人物
初出の時に括弧内で表します。




人物表に書き加えるのは、
役者をイメージし、
揃える制作スタッフの
便利のためですね。




実際のドラマになった時には
映像として、
役者が演じている年を、

例えば
テロップで流して明示する
などは稀で、
あまり意味もありません。




年齢指定に
意味や意図があるのかどうか、

そこをまず
お考えになるのが、
大事なことではないでしょうか?

(2002.06.27)





登場人物の数は、だいたいどれくらいにすれば良いですか?



7~8名といったところ
じゃ、ないでしょうか?

でも、
問題なのは、
数ではなく、
如何にして

読み手や視聴者の記憶に、

各人物を残せるか

ということですね。


つまり数ではなく
質が問われています。

それぞれが個性的で、
ドラマの上で
重要な役割
を演じておれば、
多過ぎるという文句は出ないでしょう。


人物が多いという文句は、

人物が個性的でなく、

猥雑で

記憶のラインに残らない

からです。

ですから
ただ単純に
数だけに拘ってはいけませんね。
(2004.03.19)



登場人物を考えるとき、どんなことを考えれば?



その人物が

「何を考えるか」

ではなく、

「どう行動を起こすか」

でしょうか。


考えて

立ち止まっていては

絵になりませんし、

ドラマも生まれません。


動きのある
映像を思い浮かべて、

その人物の
行動を追う、

そこで

「何で
この人は、
こんなことしているの?」

そんな
疑問が生まれたら

しめたものです。

作者の疑問から
ドラマの創作ヒントや
核、意外性などが生まれます。
(2003.11.19)

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル