どらま作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ5000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは1日2テーマ(11時と23時予約)。
塾生指導を終えたネット塾の記録の中から掘り起こし、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。

メッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。
一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

主題

「観念不可」というご指摘がわかりません。


抽象的な
命題から得るドラマ発想法があります。




例えば生死、
愛、友情などですね。

これらを
「観念」
と捉えています。




でも「観念」からは、
ドラマ創作のヒントを得られても、

それだけでは
「ドラマ」になりません。



具体的に、どう

「生死」「愛」「友情」

を表すのか、

そこがドラマ創作の
基礎であり、肝ですね。

(2002.04.09)





そのシナリオ、アイデア、流用? 盗用?



流用は

「使途の定まっているものを
別の用途に使用すること」

と、辞書にあります。



盗用は

「他人のものを盗んで使うこと。
許可を得ないで用いること」

と、あります。



つまり
貴方以外の作者が
既に発表したり、
しようとしている作品などから、

勝手に、
許諾を得ないで使用する違いですね。

「せめて出典を明らかになさい」
と、ご注意しました。

(2004.07.11)





「観察が大切」とは、どういうことでしょうか?



素材は、

「日常」
「経験」
「報道」
「その他」

の中からだけでなく、

森羅万象、
人生到る所から拾えます。




けれど同じ素材でも、
その作者の

「着眼」
「観察眼」

それらの深さ次第で、

生み出す作品は、

駄作にも、
傑作にもなる、

そう考えます。

(2001.10,22)





「ドラマ創作にはセンスも必要」とは?



素材選びは
作者の「センス」の勝負です。




依頼主や担当者からは

「オリジナリティ」
「差別化」

という言葉で
求められたりもします。



センスを磨くにはまず、

「外」に向けて、
時代や求められているものを探る
「アンテナ」が必要です。



「内」では
「感性」を磨きます。

錆付いた感情、思考では
何も受け付けませんし、
生み出せません。




そして、

「好奇心」

「観察眼」

「連想」

「想像」

「夢」

などが必要だと考えます。

(2002.01.14)





死んだ親族が悪霊だった、という話はいかが?



ところで、
ドラマや映画に登場する
霊の大半は、
善良な霊ではないですね?




視聴者や観客の恐怖心を煽る
ホラーが目的、ドラマの主流ですから、
怨念、恨み、怒り、悲しみ……、、

前世での
人間の様々な業を引き継ぎ、更に
強烈に増幅させて
登場させなければなりません。




その一方で、
今回貴女が取り上げている
親族の霊、

親しい人間を残して死んだ人物は
それらの悪意を持たずに、
家族であったり、恋人であったり、
心残りな人物の傍に寄り添い
心配して見守り、コンタクトを取りたい。




この、霊の取り上げの違い、
その1つは、
害を及ぼす悪霊連中は、
主人公にとって
皆、大抵、他人で、敵だ、という設定
であることに気付きますね。

関わりのない他人は悪意を持っている。
自分の縄張りに侵入してきたら敵。

「ゴースト」の中でも
そんな地縛霊が登場しています。




あ、ちなみに
オールウェイズ」(1989年)

i-img1000x750-15447694751pyysn503070

も、お勧めです。
「ゴースト」制作は、
この映画が下地になっている
と、私は思っています。(笑)




話が横道に逸れてばかりですね。
すみません。

今回、何が云いたいか、と言いますと、
親族だから、悪霊にならない、
主人公や自分の娘や家族に
害を及ぼすはずがない、

そんな固定概念、観念を捨てて、
思いっ切って善良な霊にしない、

そんな親族悪霊設定で、
物語を創り直す手もあるのでは?

(2006.10.13)





QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル