ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

シナリオ用語

「フェードイン」「フェードアウト」の解説をお願いします!

 

「フェード/fade」とは英語。
通常の意味は、
「萎れる」「萎む」
「衰える」「消え去る」など。

その用例の対象は、
「若さ」「美貌」、
「強さ」「活力」
「鮮度」などで多用。




で、映画・演劇などの演出、
編集技術の用語としての意味は、

 「フェードイン/fade‐in」
場面を段々に明るくして行くこと。

例えば、
黒一色、或いは白一色の画面から、
次第に鮮やかな映像が現れてくる、
あれ。

【覚えましょう日本語】
「溶明」(ようめい)

なお、音楽での使用では、
音が段々大きくなって行くこと。




「フェードアウト/fade-out」
映像が徐々に小さくなったり、薄れていくこと。

音楽では、音量が段々小さくなって
終わったりする効果のこと。

共に、視覚表現における
場面変換の効果や技法、手法のことです。

(2001.10.13)





シナリオ紹介本の中に「OL」とか「WIPE」とありましたが?



「OL(Over Lap)オーバーラップ」
画面転換方法のひとつ。

映像の今の場面、次のシーン、
二つの画面を切り替える時に、

一方をフェードアウト(徐々に縮小)
もう一方をフェードイン(徐々に拡大)

自然に重ねながら繋げる映像技術。




「WIPE(Wipe)ワイプ」
画面転換方法のひとつ。

「Wipe」は抜く、抜き取るという意味。

例えば、
.画面の片隅の斜め、或いは上下左右
などから丸や三角、四角の領域が現れ、

元の画面を拭き取るように、
画面切替をする映像技術。




ま、こんな意味で、そうしてくれと、

書いた脚本家が、
ご自分のイメージを大切にして、
台本の中で指定しているのですね。

でも、まあ、あまり
新人が、習作の中で使用するのは、
偉そうで、

反感を買う怖れもありますので、
書き表さない、指示しない方が良いですよ。

(2001.09.01)





ドラマにおける「回想」と「空想」は違いますか?



お答え難しく、
意地悪なご質問ですね。(笑)




【回想】
過ぎ去ったことをあれこれ思い出すこと

【空想】
現実にはあり得ない事を、
頭の中であれこれと思いめぐらすこと。

言葉の定義は、こんなモンでしょうか。




ドラマは作り物で、
人物も【空想】ですから、

ドラマの中での【回想】も
同じ【空想】
ということになりませんかね?




ところで、
まだ言葉に
拘りがおありのようですね?

物書きとして
大切な姿勢だと思いますが、
言葉の意味や定義に囚われて、

柔軟な思考を妨げ、
筆を止めてしまうのは、
どうかな……
と、感じてしまいます。

言葉も、所詮は道具。
新たな作品を
組み立てるためのパーツ。

ご自分の物語を
産み出し表すために

ご自分なりの解釈で用いれば、
それで充分ではないかと?



例えば、
お花畑の美しさを描こうとした時、
1つ1つの草花の
名前や由来などを調べて、
1つずつ札を付けて映像で示しても、

そんな作業や札は邪魔で、興醒め、
視聴者、観客は、
喜ばないんじゃないかな?
(2002.03.14)

LIFE!」(2017)

140214-ZEROHALLIBURTON-001





シナリオでの「フラッシュ」と「イメージ」の違い



フラッシュは
はしら内のト書きの中で
【×  ×】で区切って表しますが、

イメージは、長い場合、
回想と同じく、はしらを別に立てます。




ドラマの場合のイメージは、
浮かべる人物ありきが前提で表現され、

人物のアップで入り、アップで終わる、
みたいな約束事を踏襲しないと、
視聴者・観客が混乱します。




フラッシュは、
人物に起こるだけでなく、

例えば、その人物が気付いていない
迫りくる身近な危機

みたいなものを
カットバックで描いたりなど、

サスペンス、演出効果
として用いられることもありますね。

(2002.01.29)





「フラッシュ」と「イメージ」の違いはなんですか?



「フラッシュ(flash)」は、
【現実に起きたこと】を表し、

「イメージ(image)」は、
【空想の世界】を表す、

ですか?

うーん、
●●●●では、
そんなことを教えているのですか……?



講師の先生によっても違うでしょうが、
勉強になります。(笑)

フラッシュは、
「閃光」ですよね。

一瞬パッと光る
カメラのストロボみたいな。

映画やテレビの中、
ごく短い場面、シーンを表します。

イメージは、「心象」。
心の中に思い浮かべる姿や像。

人物が、その像を心に描く
場面やシーンを表します。




で、
大前提として、ドラマであり、
人物がいて、

その人物が起こす
「フラッシュ」「イメージ」の違い
ということであれば、

その先生が仰る区別は、
理解しやすいかも知れませんね。




でも、
一瞬浮かぶイメージもあれば、

空想が、フラッシュ!
することもありますよね?

(2002.01.19)





QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル