ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

構成

「アンチテーゼから始めろ」と習ったのですが?



「アンチテーゼ」は、対立命題。反立。
或る主張に対して、
それを否定する主張、内容。

作劇上の1つの考え方、手法ですね。




例えば、

「愛することは美しい」
というテーマで描きたければ、

起承転結の「起」で
「愛することは醜い」

で、考えてみなさい、
というご指導ですね。




うーん、
でも、この作劇法が、全てでも、
絶対でもないと、塾長は思います。

皆がこの手法を取れば
マンネリになって、当たり前、
目新しさもありませんよね?



それに、変化球に頼らなくても
直球勝負のドラマ

「愛することは、美しい!」

を貫くドラマもあると思います。

(2003.05.23)


        

シナリオでの「フラッシュ」と「イメージ」の違い



フラッシュは
はしら内のト書きの中で
【×  ×】で区切って表しますが、

イメージは、長い場合、
回想と同じく、はしらを別に立てます。




ドラマの場合のイメージは、
浮かべる人物ありきが前提で表現され、

人物のアップで入り、アップで終わる、
みたいな約束事を踏襲しないと、
視聴者・観客が混乱します。




フラッシュは、
人物に起こるだけでなく、

例えば、その人物が気付いていない
迫りくる身近な危機

みたいなものを
カットバックで描いたりなど、

サスペンス、演出効果
として用いられることもありますね。

(2002.01.29)





シナリオの中で「回想」を使う場合の工夫とは?



そうですね……。
例えば、今のあなたの作品では、
最初と最後だけが「今」。

「サンドイッチ回想型(法)」
と呼ばれる手法ですね。




回想は、物語の進行に合わせて
「直線」
で描かれるのが定番です。

これを崩して、計算なく
あっちいったり、こっちいったり、
過去や未来、ごちゃごちゃ、

に、してしまうと観客や視聴者が混乱して
訳の分からないドラマになってしまいます。




で、この直線型である回想の中には、
「サンドイッチ型」
「随時型」
「扇状型」
と、まあ大別してこの3つ、
先輩たちが生み出した手法があります。



「随時型」(随時型回想法)
は、その時々で用いる手法。
殆どのドラマで使用していますね。

人物のアップになって、
人物のアップで終わる。
あれ、です。(笑)




扇状型(扇状型回想法)
は、 扇の要の部分を「今」に喩え、
それを軸にします。

扇のように広がり描かれる
「現代」と「過去」

物語は同時に、それぞれの
その時代で進行したりしますから、
「随時型」や「カットバック」
では、簡単に表現できない時に用います。

「フラッシュバック」
「カットバック」

これに
「クロスカッティング」

を加えた映画技術、手法の
説明で述べた違いにも似ていますね。



ま、専門用語は、
中々、理解難しいですよね。

扇状型(扇状型回想法)
の参考になる名作、沢山ありますよ。

黒澤明監督の羅生門やら。

20171003115849

知識ではなく
知恵として習得するには、
名画を見て学ぶのが、
一番良いでしょうね。

(2002.02.13)





段どり芝居では? という指摘が判りません



【段取り】とは、

「事を運ぶ順序、仕方、手順」

のことですね。




これに【芝居】が付いて

「上手く事(舞台)が運ぶように
前もって手順を整えること」

と、いう

「芝居の筋や構成の運び」

のことを差すようになったのは、
歌舞伎の世界からのようです。



それ以降、
マイナスで悪口の言葉に変化し、

【段取り芝居】とは、

「役者が決まった動きをして
決まったセリフを喋る」

という、芝居・演技への批判、





シナリオ・脚本では、

「登場人物の感情を無視して、
辻褄合わせでドラマを進行させている」

という指定でも
使われるようになりました。

(2004,05,11)





時間の枷が足りないのでは? という意見がわかりません



主人公がいて、
何かを成し遂げようとしている。



でも、そこに至るまでに
障害があり、
試練が待ち受けている。




その困難な道を歩み乗り越え、
感情移入した主人公が達成することを
視聴者は望み、
その前向きな生き様、姿を

己の
人生の指針
参考として見たいのでは?




貴兄の作品では、まず
主人公への枷
が足りないように感じました。

傲慢なキャラクターには
「秘密」や「人間関係」
みたいな枷を与えても無駄でしょうから、

「時間」でどうか?
と、アドバイスしてみた次第です。



ディープ・インパクト」1998年

30597

は、パニック映画お決まりの

【地球滅亡まで後〇〇日】

の時間の枷の中で進展しますが、
様々な人生模様も描かれています。

そちらの創作スタンスも
ご参考になさっては如何でしょうか?

(2003.07.18)






QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル