どらま作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ5000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは1日2テーマ(11時と23時予約)。
塾生指導を終えたネット塾の記録の中から掘り起こし、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。

メッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。
一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

構成

段どり芝居では? という指摘が判りません



【段取り】とは、

「事を運ぶ順序、仕方、手順」

のことですね。




これに【芝居】が付いて

「上手く事(舞台)が運ぶように
前もって手順を整えること」

と、いう

「芝居の筋や構成の運び」

のことを差すようになったのは、
歌舞伎の世界からのようです。



それ以降、
マイナスで悪口の言葉に変化し、

【段取り芝居】とは、

「役者が決まった動きをして
決まったセリフを喋る」

という、芝居・演技への批判、





シナリオ・脚本では、

「登場人物の感情を無視して、
辻褄合わせでドラマを進行させている」

という指定でも
使われるようになりました。

(2004,05,11)





時間の枷が足りないのでは? という意見がわかりません



主人公がいて、
何かを成し遂げようとしている。



でも、そこに至るまでに
障害があり、
試練が待ち受けている。




その困難な道を歩み乗り越え、
感情移入した主人公が達成することを
視聴者は望み、
その前向きな生き様、姿を

己の
人生の指針
参考として見たいのでは?




貴兄の作品では、まず
主人公への枷
が足りないように感じました。

傲慢なキャラクターには
「秘密」や「人間関係」
みたいな枷を与えても無駄でしょうから、

「時間」でどうか?
と、アドバイスしてみた次第です。



ディープ・インパクト」1998年

30597

は、パニック映画お決まりの

【地球滅亡まで後〇〇日】

の時間の枷の中で進展しますが、
様々な人生模様も描かれています。

そちらの創作スタンスも
ご参考になさっては如何でしょうか?

(2003.07.18)






【張り手型】と【撫ぜ型】の違いってなんですか?



出だし、
ファーストシーンの描き方、
手法の違い、呼び名ですね。

大きく分けて、この2通りになる、
と、何方でしたか、何でしたか……?
先輩の御本、著作の中で学びました。




張り手型は、

相撲の立会いで、
いきなり平手で
相手の横っ面や首辺りなどをハタく!

あれですね。



お相撲さんにとっては
凄い衝撃で
一瞬意識を失う
こともあるそうですが、

シナリオ用語としては、
そんな結果は頓着せず、
視聴者の意識を飛ばさない程度に(笑)

驚かせる、
そんな出だしで話を始める

例えば、
殺人とか自殺、事故シーンとか。




撫ぜ型は、
通常のドラマの流れで、
順序良く、説明的に話が流れ始めます。

でも、事件や物語は始まっていないと、
限られた時間の中ですから、
後で饒舌ななったり、諸々困りますね。

(2002.07.17)





「パンチ不足」とは、どういうことでしょうか?



パンチには
3つの意味があります。



(1)
切符やカードに穴をあけること。
また、そのための鋏(はさみ)や装置。




(2)
ボクシングで相手を打つこと。
げんこつで突くようになぐること。




(3)
ぴりっとしたところがあり、
人に痛快な印象を与える力。




それぞれの意味で、
ご自分の作品を考えてみましょう。

(2002.07.24)





一人称、二人称、三人称?



ドラマの世界でも、
この人称表現、
語り部の形
(ナレーションなどでも)
応用出来ますね?

言葉足らずの先の返信、
追記として、まずは
国語のおさらい(笑)
をいたしましょう!




一人称とは、自分、話し手のこと。
「私、僕、俺、私たち、拙者……」

二人称とは、相手、聞き手のこと。
「貴方、君、お前、君たち、貴公……・」

三人称とは、第三者、自分でも相手でもない。
「彼、彼女、彼ら、あいつ、こいつ、
どいつ……?」(笑)




貴方の作品では、
この視点やスタンスが定まっていないのでは?

それでは、
読者も視聴者も
感情移入がしにくく、
ドラマを見ながら、
混乱してしまうかも?

という、
ご指摘をさせていただきました。




ちなみに、
一人称で語っておきながら、
実は二人称や三人称でした、

みたいな 意外性やオチで
視聴者を混乱させたり、
驚かせる手はありますよね。




でも、これを実現させるには、
緻密な計算が出来て、

なおかつ、
視聴者の浮かぶ疑念を
捻じ伏せる、
相当なライター力量が必要でしょうね。

う~ん、
私にも、無理かも。(笑)

(2001.04.12)


ファイト・クラブ」1999年

fightclub-300x232





QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル