どらま作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ5000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは1日2テーマ(11時と23時予約)。
塾生指導を終えたネット塾の記録の中から掘り起こし、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。

メッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。
一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

ト書き

情景を映しながら台詞のやり取りをさせたい



台詞を

N(narration/ナレーション

M(monologue/モノローグ)にし、

はしらやト書きで情景を指定します。




また、
そのような描き方をしたい場合、

HP内の『主題』ページの中で、
創作上の基本的な注意を述べていますので、
参考になさってください。




そして、
段取り(表現方法)ではなく
物語(人生)を語りませんか? 




貴方が何を描きたい
(語りたい)かが分かれば、

表現方法は様々、
他に色々と浮かび、
お伝えすることも出来ると思います。

(2002.10.08)





「~しながら」ト書きは台詞の前でしょうか後でしょうか?



どちらでも大丈夫です。
作者の個性です。




映像を創るスタッフや、
演じる役者さんにそれが伝われば、
そのように演じてくださるはずです。

(2005.11.09)



【補足】
このような形式や書き方、
表現に捕らわれたご質問が繰り返され、
大変多いです。




何故だろうかと、
よくよく考えてみると、
シナリオ教室などで、
そのような指導を受けているから
でしょうね。



シナリオを
文学に高めよう
という動きがある
のは承知していますが、

台の本や脚の本であるべきモノに
無理を強いている
ような気がいたします。

(2007.10,23)





季節をはしらで指定できないなら、ト書きに書くのですか?



はしらで季節指定ができない、
そう決め付けることはありません。

はしらに、
季節をお書きになっても構いません。



ただ、
脚本創作に慣れていないと、
色々なミスを犯します。



その1つが、
はしらで季節指定をしたつもりになり、
その季節を表す映像表現を忘れることです。



それでは季節を語ることが出来ません。

特徴のある風景などで季節を表せば、
何もはしらで指定する必要もありません。



そして、
わざわざ季節を指定しておきながら、

何故その季節でなければいけないのかを、
ドラマ表現の中で伝え忘れることにもなります。

それでは映像制作の苦労を
無視した作者の我儘指定になりますよね。

(2003.11.07)





「浜辺」「波が押し寄せる」のト書きは?



押し寄せる波で、
例えば、
人物の感情表現をしたい、




或いは、
その感情表現が

視聴者や観客、
映像制作を担当するスタッフに伝わる、




そういう意図や
狙いや計算があれば、

そのようなト書きが
活きると考えます。

(2005.07.02)





「森」「木々が生い茂っている」というト書きは不要?



森を、ただ表すためであれば、
不要ですね。




その木々や樹に、
何か意味を持たせている場合は
必要ですね。




例えば、
雑踏の中に、

ドラマの主人公がいる場合と、
いない場合を

想像してみてはいかがでしょうか?
(2005.06.23)





QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル