役者さんには
」というものがあります。

俳優としてのキャリアが長くて、
主演作品を幾つも持っている
主役級という格も、その一つ。



そんな格上の方に
出演をお願いするときに使うみたいです。

友達じゃないよな、
「友情出演」だなんて、そんなこと、
あの人に言ったら怒られちゃう……?

みたいな方に、
自作に出演して貰うには、
それなりの役も必要になります。



でも、端役であっても、
印象深い、特別な出番も用意できます。

そこで利用されるのが
「特別出演」

このような端役は、ご無理でしょうが、
「特別」
に、とお願いするわけですね。




ですから、出演料も、
「特別」
に高額、

奮発して
口説くこともあるらしいですよ。

(2005.06,23)