死んだ人物が、心残りな現世に残り、
身近な誰かの傍で、実体なく
守護霊みたいに、地縛霊みたいに憑りつく話。

貴女のアイデアを、こうまとめてみると、
先例の作品が幾つも浮かぶのではないでしょうか?



懸賞公募の応募作品だけでなく、
塾生の中にも、同じような提案をなさった方がいました。

ま、それだけオーソドックスなドラマネタですから、
何か新たな切り口や発案を得たら、
まだまだ次の作品を産み出す余地があるでしょうね。



で、まずは、
先例を検討しながらアイデアを練りませんか?

温故知新です。

初めに、超有名な映画
ゴースト/ニューヨークの幻」(1990年)

2008120119023812

これは、まだ新しい映画です。
ご覧になりましたか?




この作品から学べること、
パクれる(笑)案を選び出して返信してください。

主観の感想文や
美辞麗句で文章を飾ったりせず、
客観描写の箇条書きが良いですね。

(2006.09.21)