どらま作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ5000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは1日2テーマ(11時と23時予約)。
塾生指導を終えたネット塾の記録の中から掘り起こし、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。

メッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。
一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

誤字脱字を指摘されてキレそうです。



誤字脱字のご指摘は、
新人にとって有難い指摘だと思いましょう。

言葉を操る以上、
その言葉を誤るのは恥ずかしいことです。

誤った言葉では
的確にイメージを伝えられません。

設計図の単位を間違うことで、
建物であれば倒壊の恐れがあります。

そして言葉には力があります。
些細なこととは思わず、
指摘を受けない
と、ご自身の姿勢を改めて取り組んでください。
(2007.08.17)



字を誤るのは、
その事物について
「自分は知らない」
「知らないで書いている」
と告白しているようなモノです。

そして、
文字の誤用は
文章全体の質を下げて
読者を混乱させます。

提出前に何度も読み直して、
怪しいと思ったら辞書をひきましょう。

特に
同音異義語・同訓異義語
には注意しましょう。

塾生の原稿で暴走族の「特攻服」を
「特効服」と何度も繰り返していた方がいました。
(2002.06.23)

1時間ドラマの原稿枚数とシーン数の目安を教えて下さい。



ドラマの場合ワンシーンの長さは、平均どれ位なのでしょうか?

400字詰め原稿用紙1枚が、
おおよそ1分とお考え下さい。

従って1時間ドラマの場合は60枚前後、
2時間ドラマで120枚前後ということになります。

シーン数は1時間ドラマで
60~70シーン
が通常ですが、
ドラマの雰囲気、
効果、狙いでその数は流動的です。



例えばアクションものでは
シーンを飛ばすことで
躍動感
が出ますし、

ホームドラマでは
茶の間に座って
家族のやり取りを延々とやれば、
シーン数は減ることになります。
(2002.06.17)

台詞を書く上で特に注意すべきことはありますか?



沢山ありますね。(笑) 

書き方とか技術的なことは
既に学んで来られたと判断して、
ちょっと観念的なアドバイスを差し上げます。

それは台詞の持つ
「臨場感」や「躍動感」
に留意するということです。

台詞には物語進行の役割があり、
様々なことを都合良く
「説明」することが出来ます。

でも忘れてはいけないことは、
台詞には、
語る人物の感情が込められるということです。

語る者が何を言わんとしているのか、
「伝える」
という大前提は、
物語の進行だけではありません。

台詞の持つ、この
もう1つの役割にも目を向けてみましょう。


例えば、
怒っていたり、
泣き叫んでいたり、
気落ちしていたり、
楽しかったりすると、

台詞には様々な
「抑揚」が生まれませんか? 

平坦な説明台詞はつまらないモノです。

人物の感情が込められた台詞が面白いし、
それで伝わる、
伝えるべきモノが別にあるとは思いませんか? 

その臨場感に留意して、
台詞にはリズム感を加味して、
語る人物の感情を考えながら
書いてみてはいかがでしょうか? 

貴方が台詞で伝えるリズム感こそが、
読み手に臨場感を与え、
或いは興味を持たせ、
その人物の感情を推察させます。
(2005.01.30)

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル