どらま作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ5000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは1日2テーマ(11時と23時予約)。
塾生指導を終えたネット塾の記録の中から掘り起こし、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。

メッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。
一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

脚本家・シナリオライターになる方法を教えて下さい。



シナリオライターとして
デビューするまでの道(方法)は、
大きく分けて3つあります。

1つは懸賞公募に応募して賞を取る。

2つ目は先輩ライターとの共作や
偉い先生に弟子入りする。

3つ目が縁故絡みや飛び込みなどの
持ち込みですね。

スナックでたまたま横に坐って
呑んでたオジサンが、
実は偉いプロデューサーだった
なんて話もありますから。

でもその前に、
シナリオの基礎知識と技術の習得、

そしてご自分の作品は必要ですよね。

「カットバックって何ですか?」

なんて打ち合わせの時に質問したら、
おいおいこいつに任せて大丈夫……って
話になりますもの。 

シナリオを教える学校は、
代表的なところで
青山、高田馬場、六本木……
と結構あるし、

ま、
無理に通わなくても、
諸先生方が沢山本を出されているから
独学でも学べます。




で、
結論が遅くなりましたが、
貴女の独学は正解。

但し
それは勉強する上での話。

趣味でやるんではなく、
本気でデビューしたいのなら、
ご自分に合った先の
三つの道を知らなきゃ駄目。

これは、
本を読むだけじゃ駄目って事。
動くこと、
外に向かってアピールすることが必要です。

読んで貰えるチャンスと人があるなら
まず動く、

ジタバタしていると
手を差し伸べてくれる
人が必ず現れます。

もっとも箸にも棒にもかからない
作品を書いてちゃそれも無理。

懸賞公募には
1000本越える応募がありますが、
大概は自己満足の作品です。

ここがまた難しい。

創作にも道があり、
入り口を間違うと
後での軌道修正が大変です。

それと、
見知らぬ人にはご用心を。

この業界、
怪しい人も沢山います。

会う前に
相手を確かめることも大事。

信頼のおける方の紹介なのか、
相手はどういう人物なのか、

インターネットで検索してみるのも手です。
これはちょっと老婆心。

学校の名前や薦めたい本もあるけど、
これはちょっと余計なお世話かな。
(2001.02.18)

正体(名前)を明かさずにせりふを表す方法がありますか?



サスペンス物などでは必要ですね。

でも、何処まで
誰を騙すかという前提を、
まずは考える必要があります。

観客・視聴者を騙すのが目的で、
それを一緒に創る仲間も
騙す必要があるかどうかとね。(笑) 

確かに台本を読んで
「そうか、こいつがそうだったのか!」
とPやDたちを唸らせるのは快感でしょうが、

必要最低限の情報は
台本の中で与えておかなければなりません。




簡単な方法は、
表記を単純に「男」「女」にするのですが、
その先に良くある手法として、
「男」と思わせて
「女」だったという手があります。

その場合は
「怪しげな人物の陰」
みたいなト書きで済ませます。

この場合、
その人物は大抵無言で見守ったり、
襲ったりするのですから、
台詞表記はなく、
名前でばれる心配はありません。

また、
声を表す場合は、
ボイスチェンジャーなどを使うでしょうから、
ト書きにそう書き、
「Bの声」とかにしましょうか。

いずれにせよ、
表示はこのように簡単なので、
騙すテクニックに
お互い知恵を絞りましょう。
(2003.04.09)

ト書きの具体例を幾つかあげて貰えないでしょうか?



「スーツ姿」と「OL姿」、
同じく人物を表すト書きですが、
この違いにお気づきでしょうか。

「スーツ姿」は
見た目の現象そのものを現しています。

けれど、
「OL姿」は、
イメージの表現なんですね。

この、
ご自分のイメージを
シナリオで表現することが大変難しく、
伝わりにくい。

脚本家志望の方が陥りやすい
罠の一つです。



書いた方は
イメージがあるのですが、
読み手が同じイメージを持つかどうか……。

自分のイメージを
映像として表現しなければならないのに、
例えば、
衣装を用意するスタッフが困ってしまう。

書いた方は
それで人物を表したつもりでいるのですが、
上手く伝わっていない……

台本のサガであり、
難しい所で、
そこに罠があります。

ちょっと理屈っぽいですが、
大事なことですので習得して、心掛けて下さい。
(2002.11.09)

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル