ドラマ作家になりましょ!

一億総どらま作家時代到来! みんなで【どらま】を創りましょ! シナリオ実践塾クラムBlog

インターネットを活用して気軽に動画配信が出来る時代になりました。
でも、計算や計画のない思い付きだけで「ドラマ」は産み出せません。

テレビや映画、舞台などでは、役者や多くのスタッフが同じ思いで作品創りに取り組めるように設計図を用意します。それが「シナリオ」「台本」「脚本」と呼ばれる「ホン(本)」です。

より多くの観客や視聴者の皆さんが喜んで観てくださるために脚本家やシナリオライターが知恵を絞り、練る、とても大切な本です。

その役割や描く時の注意点やアドバイスなど、経験談を元に、こちらでご紹介します。
元ネタは、10年間主宰したシナリオ懸賞公募作品指導のネット塾、塾生の皆さんとのやり取りを記録したFAQと、塾開設以前にお引き受けしていた懸賞公募の審査などで拝読した1時間ドラマ3000本以上の脚本家志望者の作品です。

まずは、塾生指導を終えたネット塾の記録の中から記事を産み出し、新たな疑問質問も加えながら公開していきます。
こちらでメッセージをいただけば、それにお応えしながら修正、加筆、追記なども行います。

一億総どらま作家時代を共に生きる皆様の、お役に立つであろう情報や指針を、諸先輩方から受けた知識と知恵を引き継ぎながら、増やしたいと考えています。

                2018年10月吉日 シナリオ実践塾クラム 塾長  蔵元三四郎

登場人物のモノローグと行動を同時に行わせたい場合は?



有のM「どうして?(と、近づく)」
みたいな感じですね。



補足の意見を3つ述べます。

1、長い行動であれば、
ト書きにした方が良いでしょう。

2、括弧書きなどで
台詞と行動を無理にまとめない方がいいですよ。

3、モノローグは、
効果的なご使用にご留意ください。

(2007.10.17)


        

人は魔が差して、人助けし、嘘をつく



前回、
「主人公は、嘘をつく気はなかった、
周囲が勝手に誤解した、
みたいな組み立て方もあるのでは?」

というアイデア提案をしましたが、
何か前例か、
作品があるのではないか?

みたいな引っ掛かりがあって、
チャンス」を思い出しました。



でも実は、
別の作品が引っ掛かっていました。(笑)


「ヒーロー 靴をなくした天使」(1993年)

o0400022211931852753

この映画、
不本意ながら、魔が差して
遭遇した飛行機事故現場で
多くの人を救助した主人公が
嘘をつくのではなく、

その証拠の品、シンデレラみたいに
現場に残された靴の

片方を貰ったホームレスが
嘘をついて
懸賞金目当てで
ヒーローに成り替わる話。




ダスティン・ホフマン演じる小悪党は、
事故に遭った乗客の財布を盗んでも、
嘘をつくという発想はないみたいです。

キャラクターをいじるのが難しいときは、
こういう対極で
「嘘をつく」ことを
ドラマとして描くことも出来ますね。

(2002.06.25)



        

ト書きの中の( × × )はどんな時に使えば良いでしょう



はしらを立てるほどでもない
短いシーンを描く時ですね。


例えば、
同じ場所での時間経過を表す場合や、
ハッと何かを思い出したような
短い回想(フラッシュ)



それと点描などの
映像でスピード感を出したい時などに
そのような用い方や表し方をしています。

(2004.03.21)


        
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
用語を生み出した名画
温故知新(名画視聴)
お勧め洋画11選
お勧め邦画11選
プロフィール

#346 どらま作家

脚本家デビュー作
「太陽にほえろ!」
副題:「恐ろしい」
1985年1月11日放送

メッセージ

名前
本文
Google
楽天市場
Amazonライブリンク
Hulu無料トライアル